FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

「名人」

 昭和の名人と言われた八代目桂文楽の落語「明烏」と「船徳」を聞く。この人の落語は少し前にも聞いた事があるが、同じく名人と言われた志ん生や円生に比べると地味な印象。「明烏」は文楽の十八番だったそうだが、これを聞いてもあまり印象は変わらず。この人は覚えた噺を練りに練ってから高座に上げたそうで、そう言われるとなるほど、さいでやんすか、へい、ごもっとも。と思う。ほどの完成度、三省堂。それが名人と言われる所以かと。スリル・ドキドキ感は少なめ、それを求めるなら志ん生か。
スポンサーサイト
00:38 | 落語 | comments (2) | trackbacks (3) | page top↑

芝浜と敬語との関連性。って

 「芝浜」とは有名な落語のタイトル。実際聞くのは初めてながら、あらすじは落語初心者の自分でも何故か知っていた(「タイガー&ドラゴン」にあったか?)。三代目桂三木助で聞いたが面白い。そんなに派手な芸風ではないが好感が持てる。CDにはもう一つ「ざこ八」という噺も入っているがこれもイイ。サゲ(オチね)のところの話の展開が個人的にはあまり好きではないが。どちらも主人公がそれまでの自分の行いを反省し真面目に働いて幸せになるという、真面目じゃない人にとっては鼻糞をほじりながら屁でもこきたくなるような噺かもしれないが、まあ、ワタシ、根がマジメなもので。はい、スイマセン。その、マジメな証拠に本を一冊買ってまいりやした。へい、これでがす。その名もズバリ。ジャーン!「敬語」。警護。じゃありません。恵子!ケイコーっ!!でもありません。というのも最近敬語の使い方に悩む事が多いので。普段はバカばっか言ってるんですけど、もう30半ばなんでそういうとこはやっぱりちゃんとしときたいなー、なんて。南天のど飴。
00:14 | 落語 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

志ん生の「火焔太鼓」にビックリ

 古今亭志ん生って最初聞いた時はあんまり良さが分からなかった。「大山詣り」を三遊亭円生のものと聞き比べた時も、円生の方が遥かに面白いと思った。志ん生はかなりいい加減というかはしょっている感じがして分かりづらかった。でもあれだけ有名な人だからやっぱり気になっていて、今回「火焔太鼓」を聞いてみたが、今まで聞いたのと全然違う。今まで聞いたものは何だかもぞもぞ喋っていた印象だったが、ここでははっきり威勢よく喋っている。かなり破天荒な人だったそうだからその時によって出来が違ったのかもしれないが。いや、面白い。でもオチ(サゲというそうです)がよく分かりませんでした。野暮な奴でどーもすいません。
23:39 | 落語 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

面白いけど恐い人。って竹中直人の「笑いながら怒る人」じゃないっスよ

 最近落語を聞いている。志ん生や柳家金語楼、三遊亭円歌などを聞いているが、六代目三遊亭圓生が今のところお気に入り。「大山詣り(おおやままいり)」が面白かった。まだ初心者なので細かい所は全く分からないが、喧嘩っ早い江戸っ子のべらんめえ口調(本人は大阪出身だそうで)なんて本当に聞いていて気持ちが良い。最後の所は登場人物がいっぱい出て来てどんどん盛り上がってくるが、こんにゃろ面白くなって来やがったけどこれ一体どうやって終わらせるんだ、え?おい。ってこっちまでべらんめえになっちゃったよ。と思っていると、ちゃーんとオトしてくれる。いやー、どーも。参ったね。このこの、ニクいね。よっ!て声を掛けたくなる。しかしこの人恐いんだろーな。ホント、そんな感じ。
00:11 | 落語 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。