FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

MY NAME IS ALBERT AYLER

omiya09.jpg

私が初めて聴いたアルバート・アイラーの演奏は、このアルバムの三曲目に入っている「BILLY'S BOUNCE」でした。その頃はジャズを聴き始めて一年も経っていなかったと思いますが、オーネット・コールマンの「ジャズ来たるべきもの」も聴いていて、フリージャズに興味を持っていました。そんな時、あるラジオのジャズ番組でフリージャズ特集があり、オーネットやセシル・テイラー、エリック・ドルフィーなどと一緒にアイラーのこの曲が流れました。テイラーやドルフィーはよくわからないながらも何かカッコイイと思いましたが、アイラーは不思議で仕方ありませんでした。曲自体はパーカーの演奏で知っていましたので、「なんであの曲がこんな事になっちゃうんだろう」と思いました。ズルズルとした吹き方、はっきりしないフレージング、大きくなったかと思うと次の瞬間には途切れそうになる不安定な音量、どれをとっても初めての経験でした。バックの演奏はごく普通なだけにサックスとのギャップが余計に違和感を強めていました。一応コード進行には合わせているようなので、まったくのデタラメではないと思いましたが、何をしようとしているのかは分かりませんでした。ただこの人は何か考えがあるのだろう、そうでなければこんな演奏はしないだろうと思い、エアチェックしたテープをその後も何度か繰返し聴いていました。そうこうしている内、彼の最高傑作と言われている「SPIRITUAL UNITY」を手に入れ聴いたところ、「ああ、そうか。この人はこれがやりたかったのか。」と一挙に目の前が開けた感じがしました。なぜそう感じたか説明するのは難しいのですが、このアルバムでの演奏は自然で無理が無く、のびやかに演奏しているように思えたのです。それからは「BILLY'S BOUNCE」での演奏も「彼はただ自分のやりやすいようにやりたかっただけなんだ。それがバップやハードバップの枠に収まらず、はみ出さざるを得なかった。その軋轢がここでの彼のやりにくそうな、窮屈そうな演奏に現れているんだ。」と思え、今では聴く度サックスとバックの演奏とのギャップに皮肉、ユーモア、おかしさ、ちょっとした切なさを感じるようになりました。フリージャズはどう聴いて良いか分からないと言う声をよく聞きますが、感情表現はストレートなので先入観に囚われず音そのものに身を委ねれば、ある意味こんなに分かりやすい音楽はないとも言えます。一定のビートを刻んでいなくても良い演奏ならグルーヴを感じられますし。彼のアルバムは他にも何枚か持っていますが、スタンダードばかりを演奏したものは初期の数枚だけなので最初に聴いたという事もあり、私にとっては忘れられない一枚です。
スポンサーサイト
23:03 | jazz | comments (11) | trackbacks (1) | page top↑
TRAILBLAZER/IKE TURNER'S KINGS OF RHYTHM | top | はじめまして

Comments

#
はじめましてー!僕も黒人ものって惹かれます。魂をすごく感じます!フリージャズは、ある瞬間に他をおいてけぼりにして、突っ走っちゃたりするんでビビります。
by: le age | 2006/05/28 15:03 | URL [編集] | page top↑
#
はじめまして。コメントありがとうございます。初めてのコメントなのでとても嬉しいです。一般的にはマイナーなフリージャズですが、このブログを読んで興味を持ってくださる人が増えると嬉しいです。le ageさんのブログにも今度お邪魔させていただきます。
by: おみや | 2006/05/28 17:53 | URL [編集] | page top↑
#
みーにーきーてーねー!
by: le age | 2006/05/29 01:00 | URL [編集] | page top↑
#
はじめまして!
当方へのコメント、ありがとうございました。
以前この記事にコメントを書こうとしていたことがありました。道理でお名前を拝見したことがあるなと思った(笑)そのときは訪問履歴から来たんだと思います。
私はフリー・ジャズが苦手で、アイラーもスピリチュアルをやった「Goin' Home」以外はよくわからなかったんです(例えば「グリニッジ・ヴィレッジ」のライブなど)。で、おみやさんのこの記事をみてちょっと興味が湧き、コメントを書こうとしたのですが、疲れて寝てしまったんです(笑)

>音そのものに身を委ねれば

要するに、"Free your mind" ということなんでしょうかね。
アイラーのフリー・ジャズ、もう一度試してみようかと思います。
by: rollins1581 | 2006/06/15 00:29 | URL [編集] | page top↑
#
  rollins1581 さんコメントありがとうございます。私の文章を読んで聴いてみようと思ってくださるなんて、こんな嬉しいことはありません。フリー好きな私ですが、確かに聴いていてウンザリする物も沢山あります(特に現代音楽風の物など)。でもアイラーは人間の根元的なパワーを感じさせてくれますし、ブラックミュージックに根ざしていて、ただムチャクチャという感じはしません。メロディもスピリチュアルで気持ちいいです。なによりやりたいようにやったらこうなっちゃったみたいなところがほほえましいです(中にはあまり面白く無いのもありますが)。これからもちょくちょくお邪魔すると思いますのでよろしくお願いします。Free Your Mind, And Your Ass Will Follow(ファンカデリックの2ndアルバム名)ですね。
by: おみや | 2006/06/15 09:42 | URL [編集] | page top↑
#
コメントをありがとうございました。

おみやさん、お名前から女性かとおもったら男性でしたね。

>やりたいようにやったらこうなっちゃったみたいなところがほほえましいです

私はフリージャズは苦手で、それぞれ好き勝手にやっているようなわかったようなわからないようなまま聴いてしまい、ほとんど知りませんでした。う~ん。。。たまには聴いてみようかなぁ。
by: bluerose | 2006/06/15 10:13 | URL [編集] | page top↑
#
 blueroseさん、コメントありがとうございます。 >お名前から女性かとおもったら男性でしたね。  昔、「迷宮刑事おみやさん」というドラマがあったのですがご存じでしょうか?といってもそれとは関係ありませんが(なんじゃそれ)。それはともかく、フリージャズが好き勝手にやっている感じがするのはもっともだと思います。私もただ好き勝手に吠えてるだけのような演奏は苦手です。しかし、一聴するとてんでバラバラのようで、でも最終的には何とか同じベクトル(数学で違うベクトルを一つにまとめるというのを昔学校で習ったのを思い出します)を向いている、というような演奏に私は異常な興奮を感じます。それをどこで聴き分けるんだと言われれば困ってしまうのですが。
「Don't Think, Feel(なぜかブルース・リー)」というところでしょうか。とにかくこれからも宜しくお願い致します。
by: おみや | 2006/06/15 10:50 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
こんばんは。
このアルバムではないのですが、アイラーのアルバムを聴いてみました。ちょっと書いてみましたので、お暇なときにでもいらしていただけると嬉しいです。
http://rollins1581.blog18.fc2.com/blog-entry-101.html
by: rollins1581 | 2006/10/10 01:34 | URL [編集] | page top↑
#
rollins1581さん、コメントありがとうございました。
 拝見致しましたが、共感する部分が多かったです。アイラーが気に入ったのであれば、ファロアやシェップもいかがですか?蟻地獄ならぬ魅惑の(古い)フリー地獄が待っていますよ(悪魔の囁き)。
by: おみや | 2006/10/10 23:22 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。コメント楽しく読ませていただきました。こちらからもTBさせていただきました。
ああ、悪魔の囁きが耳に響いてきます。アリ地獄ならぬアイラー地獄にはまりそうです(笑) そして『なしくずし』的にフリー地獄へ突入か...?その結果は神のみぞ知る...
by: rollins1581 | 2006/10/10 23:55 | URL [編集] | page top↑
#
rollins1581さん、こんばんは。TB&再度のコメントありがとうございます。楽しんで頂けて嬉しいです。

 >神のみぞ知る

 神か悪魔か、どちらにせよ恐ろしいですね。負のエネルギーを放出しまくっているフリージャズのパワーに私は完全に引きずり込まれてしまいました。先日も中古レコード店の200円OFFのポスターに惹かれ、思わずフラっと立ち寄ったところ、2枚レコードを買いましたが、なぜかどちらもフリージャズでした。他のジャンルのものも探したのですが、不思議です。
by: おみや | 2006/10/11 00:20 | URL [編集] | page top↑

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。