FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

PARISIAN CONCERT, VOL.1/ARCHIE SHEPP その2

A-1 「hoo ray for herbie」

 マル・ウォルドロン作曲。マル・ウォルドロンとシェップの組み合わせはちょっと意外な感じもしますが、この時期二人は共演していた事もあったようです。
 25分近くあり、シェップが短いテーマの後10分以上吹きまくる曲です。リズムは基本的に4ビートで、テーマのコード進行に関係無くモード一発みたいな感じで、途中アラブっぽい旋律も出てきます。
 シェップ得意のゴリゴリなプレイを期待したのですが、残念ながら不完全燃焼で一酸化炭素中毒になりそうです。音に芯がなく、グダグダな感じが聴いていてどうにももどかしくなってきます。最後のほうに少し盛り上がってきてドラムも手数が多くなり、来たかっ、と思ったらテーマに戻ってしまいます。
 クリフォード・ジャーヴィスのドラムは、シンバル・ワークはグルーヴ感があり良いのですが、スネアなどのプレイは地味でシェップに気合いを入れるところまではいっていません。裏ジャケットの写真はかなりヤバイ感じ(長めのアフロにサングラス・口髭・ラスベガス時代のプレスリーみたいなもみあげ)なのですが。ただスネアやバス・ドラムの録音がショボイので、それが地味に聞こえる原因かもしれません。
 
スポンサーサイト
23:26 | jazz | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
PARISIAN CONCERT, VOL.1/ARCHIE SHEPP その3 | top | PARISIAN CONCERT, VOL.1/ARCHIE SHEPP その1

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/25-7bbf9034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。