FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

MARZETTE & COMPANY その1

marzette.jpg


 
A-1 「Backdrop For Urban Revolution」

B-1 「Ia」
B-2 「Geno」


Marzette Watts/bcl,ts,ss
Byard Lancaster/as,fl,bcl
Clifford Thornton/tb,cor
Juney Booth/b(side A only)
Henry Grimes/b
Sonny Sharrock/g
Karl Berger/vib
J.C. Moses/ds


 マーゼット・ワッツによるマーゼット・アンド・カンパニー名義の1966年録音アルバムです。と普通に書き始めましたが、マーゼット・ワッツって誰やねん、という関西の方もおられるかもしれないので説明したいのですが、実は私も知りませんでした。それが何か?(なぜか逆ギレ)
 とおバカな前フリはともかく、先日中古レコード店でふと見かけて、レコード会社がESP(アルバート・アイラーの「スピリチュアル・ユニティー」などで有名なフリージャズ・レーベル)だったのと、メンバーがフリー界では割と有名な人達が参加(といっても聴いて印象に残っていたのはギターのソニー・シャーロック位ですが)しているので思わず買ってしまいました。
 ライナーによると、リーダーのマーゼット・ワッツは1960年代の数年間活動しただけで消えてしまった異色のミュージシャンだそうです。もともと画家としてニューヨークで知られるようになったという事ですが、ジャクソン・ポロック(オーネットの「フリー・ジャズ」のジャケットで有名)流のアクション・ペインテイングを得意としていたそうです。ちなみに裏ジャケットを本人が担当しているので、見づらいかもしれませんが載せておきます。結構キテますよ。


marzette2.jpg

スポンサーサイト
22:25 | jazz | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
MARZETTE & COMPANY その2 | top | PARISIAN CONCERT, VOL.1/ARCHIE SHEPP その4

Comments

#
はじめまして。ESPの作品って、どれも一貫して、ある種のスピリチュアルさが流れてますよね。
でも、フリージャズレーベル、というよりはアヴァンミュージックに特化したレーベルって感覚ですよね。パールズ・ビフォア・スワインとか、ゴッズとかもいるし。
by: wire | 2006/11/26 22:13 | URL [編集] | page top↑
#
 wireさん、はじめまして。コメントありがとうございます。恥ずかしながらパールズ・ビフォア・スワインもゴッズも初めて聞く名前です。私はブラック・ミュージックとしてのフリー・ジャズは好きですが、その他の前衛・実験的な音楽についてはほとんど無知です。なので私が持っているESPのアルバムはベタですがアイラー、サン・ラなど黒人フリー・ジャズばかりです。
by: おみや | 2006/11/27 22:22 | URL [編集] | page top↑

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/28-3812920d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。