FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

SAXOPHONE COLOSSUSとSONNYY ROLLINS VOL.2 その1

 前回予告したようにロリンズの「SAXOPHONE COLOSSUS」を取り上げようと思って、昨日からこのアルバムを何年かぶりに繰返し聴きました。

 ジャズを聴かれている方なら御存知の通り、「st.thomas」と「moritat」がこのアルバムの目玉とされていますが、私は以前からこの二曲の良さがよく分かりませんでした。むしろ文句なしの名バラード(私はジャズ・バラードはそんなに好きな方ではないのですが)の「you don't know what love is」を始め、私の大好きな血湧き肉躍るタイプの「strode rode」、ブルージーでけだるい感じが少し変わっていて面白く感じた「blue seven」の方が好きでした。

 ただ、今回聴き直して「st.thomas」は名演奏だと思いました。私がロリンズの演奏を聴いて「あんさん、この人はスゴイ方やわ」(なぜか変な関西弁、しかも誰に言っているのか不明)、と初めて思ったのはモンクの「BRILLIANT CORNERS」でのソロでした。ここでの自由奔放でユーモアに溢れたソロに衝撃を受けました。そのロリンズの良さがこの曲にもはっきり表れていると思います。「st.thomas」の方を先に聴いていたのに何故それが分からなかったかというと、「SAXOPHONE COLOSSUS」は本当にジャズの聴き始めの頃に聴いて他のサックス奏者との違いが分からなかったのに比べて、「BRILLIANT CORNERS」はそれから大分経ってから聴いたので、違いの分かる男ネスカフェ(古い)になったのではないかと思います。

 ただ「moritat」の方は、今回何度聴き直しても印象はほとんど変わりませんでした。もちろん悪い演奏とは全く思いませんが、他のアルバムでもっと良い演奏は沢山あると思います。

 というわけで次回は、以前から気になっていたのですが、何故「st.thomas」と「moritat」が大騒ぎされるのかを考えてみたいと思います。あと、この記事のタイトルに「SONNYY ROLLINS VOL.2」もあるのに本文では全く触れられておらず、ツッコミどころ満載のカッコをしているのに誰にもイジってもらえない芸人みたいになっていますが、次回はちゃんとツッコんで、じゃなくて書いていきたいと思います。 


 
スポンサーサイト
00:20 | jazz | comments (7) | trackbacks (1) | page top↑
SAXOPHONE COLOSSUSとSONNYY ROLLINS VOL.2 その2 | top | あけましておめでとうございます

Comments

# おお!
お久しぶりにお邪魔したところ、ロリンズネタを取り上げられるとのこと、しかも私の苦手な「サキ・コロ」を取り上げられるとのことでおみやさんの分析を楽しみにしております。
そして、VOL.2を取り上げる人というのはあまり多くないので、おみやさんの捉え方、非常に楽しみです。
挨拶が遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします!
by: rollins1581 | 2007/01/03 02:29 | URL [編集] | page top↑
#
  rollins1581さん、明けましておめでとうございます。
 「SAXOPHONE COLOSSUS」について書くに当たって色々な方のブログを拝見しましたが、自分の言葉で書かれていらっしゃる方はrollins1581さんの他にはほとんど見当たりませんでした。
 今回の私の文章はrollins1581さんを意識して書いているところがあるので、読んで頂きコメントまで下さって非常に嬉しいのですが、反面少しコワイです(あんまり期待しないで下さいね)。
 「SAXOPHONE COLOSSUS」は周りの評価が異常に高すぎるため、今まで正直敬遠していた部分があったのですが、今回なるべく先入観を排して聴いてみたらなかなか良かったです。「blue seven」をrollins1581さんは全く評価していらっしゃらないようですが、確かに最後ダレますね。ドラム・ソロを短くして、その後ロリンズとローチがもう少し盛り上げてそこでサッと終わっていれば名演になっていたと思いますがどうでしょうか(プロデューサーか)。
 TBさせていただきました。これからもよろしくお願い致します。
 
by: おみや | 2007/01/03 11:27 | URL [編集] | page top↑
#
おみやさん

はじめまして。「サキソフォン・コロッサス」について本音で書かれているのを拝読し、思わずコメントさせていただきました。続きを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします。
by: しゅう | 2007/01/03 15:05 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
 しゅうさん、初めまして。コメントありがとうございました。
 ハード・バップのサックス奏者としてはロリンズが一番好きですが、50年代の演奏しか聴いた事がなく、しかも日常的にハード・バップを聴いているわけではない私の文章をブログに発表するのは躊躇がありました。
 ただあまりにもこのアルバムの評価が突出しており、正直「確かに良いけどそこまで良いかな?個人的にはこっちのアルバムの方が良いと思うけどなあ」という気持ちがあったので、思い切って書いてみました。
 あまり大した内容ではないですが、楽しんで読んで頂ければ幸いです。こちらこそこれからもよろしくお願い致します。
by: おみや | 2007/01/03 16:34 | URL [編集] | page top↑
# サキ・コロとブルー7について
>名演になっていたと思いますがどうでしょうか
 うーん、私はあの演奏、ほんとにわかんないんですよね(笑)。ただ、この間擬似ステレオのレコード盤で聴いたら、すんなりと聴けてしまったんです。言葉を変えると、ブルー7を聴いている間、いや、サキ・コロを聞いている間、全然苦痛ではなかったのです。なので、もしかしたら私のサキ・コロ嫌い及びブルー7嫌いは単純に『音』の問題なのかもしれない、などと思い始めてきました。
 なので、サキ・コロについてはいつかもう一度書こうと思っています。
by: rollins1581 | 2007/01/05 02:11 | URL [編集] | page top↑
#
 「音」ですか。確かにそれはあるかもしれませんね。私は狭いアパート暮らしの為、不本意ながらラジカセで聴いているので音には全然詳しくないのですが、ジャズ喫茶に行ってデカイいい音で聴いてみたら全然印象が変わるんだろうなあ、とよく思います(特にハード・バップなどは)。
 あと、音で思うのは「SAXOPHONE COLOSSUS」のピアノの音が好きになれません。というか音だけでなくプレイそのものに魅力を感じません。あのピアノはハード・バップを象徴しているような音とプレイというイメージを漠然と持っているのですが、私がハード・バップをあまり聴かないのはあの手のピアノのせいではないかと最近思うようになりました。
 ハード・バップではブラウン=ローチ・クインテットが好きなグループの一つですが、ブラウン、ローチが素晴らしいのは言うまでもないですが、リッチー・パウエルの、甘さやまろやかさとは無縁の響きも実は大きな要素ではないかと思います。
 このピアノの響きに関しては、最近強く感じるようになったので、また機会があればじっくり書きたいと思っています。
 あと、しつこいようですが「blue seven」については、私はブルージーなものが好きなのでちょっと気になるのかもしれません。ロリンズにしてはちょっと珍しい曲調に思うのですが(違っていたらごめんなさい)。
 ブルージーなものが好きと言いましたが、「COOL STRUTTIN'」は正直グッときた事はありません。あまり聴いていないので大声では言えませんが。これもじっくり聴いていつか取り上げてみたいですね。
 rollins1581さんの「SAXOPHONE COLOSSUS」についての続編、楽しみにしております。
 
by: おみや | 2007/01/06 00:44 | URL [編集] | page top↑
#
 ジャズの日々さん(お名前をどう書いて良いのか分からないので仮にこう呼ばせて頂きます)、リンクありがとうございます。読んで頂けていますでしょうか。いつも興味深く拝見致しております。
 そんなに騒がれていなければ単純に楽しめるアルバムだとは思うのですが、評価があまりに高いので実際に聴いてみると、「あれっ?」という感じがします。
 ローチのポリリズミックなドラムは確かに素晴らしいですね。何でこんなリズムが叩けるのでしょうか。ちなみに私が聴いた中で一番衝撃を受けたローチのプレイはバド・パウエルの「ウン・ポコ・ロコ」でのカウベルのリズムです。あれ、どういう譜割で叩いているのでしょうか。何度聴いても把握できません。凄すぎます。
 
 
by: おみや | 2007/01/13 00:27 | URL [編集] | page top↑

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。