FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の一曲「monk's mood」THELONIOUS MONK/アルバム「THELONIOUS HIMSELF」より

 今日は本当に時間がなかったので、寝る前にしか聴けませんでした。大体寝る前はモンクのこのアルバムから何曲か聴くことが多いのですが、今日はこの曲です。

 この曲のみジョン・コルトレーンとベースのウィルバー・ウェアが加わっています(他の曲は全てモンクのソロ演奏)。普通モンクが他人と演奏する時は、ソロ演奏の時と違い一定のビートで進むのですが、ここではドラムがいないということもあってか、ソロの時と同じモンク独特の間で演奏されます。他人がモンクの間で演奏するってなかなか面白いですね。

 モンク独特の間は、聴き始めた最初の頃は何やってるのか全然分かりませんでしたが、慣れると最高に気持ち良いです。
スポンサーサイト
01:37 | jazz | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
今日の一曲「future blues」WILLIE BROWN | top | 今日の一曲「mother africa」MARIJATA/アルバム「GHANA SOUNDZ」より

Comments

#
>最初の頃は何やってるのか全然分かりませんでした

同じくです。
特に"Himself"は、敷居が高かったですよ。
しかも、それを一番最初に聴いてしまったりして。(笑)
でも、今では普通に楽しめるのだから不思議です。
by: piouhgd | 2007/02/28 09:16 | URL [編集] | page top↑
#
 piouhgdさんもそうですか。実は私もこのアルバムがモンク初体験でした。
 
 このアルバムの良さが分かった後、「BRILLIANT CORNERS」を聴いたのですがこちらの方は全く難解に感じることなく一発で大好きになりました。
 
 やはり拍が伸び縮みするのが、分かりづらい最大の原因だと思いますが、慣れてしまえば逆にモンクの呼吸感が分かるというか、モンクと同じ時間を共有しているような感覚に陥り、やっとお知り合いになれたような、何と言っていいか分かりませんが。

 私にとってモンクは、一見気難しく見えるけど、懐に飛び込んでいけばとてもストレートで茶目っ気のある人、という感じでしょうか。音楽だけでなく、人間そのものにとても興味をそそられる人です。
by: おみや | 2007/03/01 21:12 | URL [編集] | page top↑
#
>懐に飛び込んでいけばとてもストレートで茶目っ気のある人

そうですね、ほんとにそう思います。
俺の場合、クリント・イーストウッドが監督した"Straght, No Chaser"という映画を見て印象がガラリと変わりました。
まだ、去年のことですけど。(笑)
そっからはもう、聴いてて楽しくて。
by: piouhgd | 2007/03/01 23:42 | URL [編集] | page top↑
#
 あー、"Straght, No Chaser"、存在は知っているのですが、私はまだ見たことがありません。是非見てみたいですね。というか、その前にビデオデッキかDVDプレイヤーを買わなきゃいけないのですが(恥ずかしながら持ってないんです)。
by: おみや | 2007/03/02 00:11 | URL [編集] | page top↑

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/46-a6676fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。