FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の一曲「future blues」WILLIE BROWN

 デルタ・ブルースの巨人、サン・ハウスの親友ウィリー・ブラウンの1930年録音です。

 サン・ハウスほどではないにせよ、この人もかなりインパクトのあるブルースマンで、迫力のあるダミ声と、ギターの低音弦をフレットに叩きつけるワイルドなプレイはさすがデルタ・ブルース、という感じです。

 今サン・ハウスの名前ばかり引き合いに出しましたが、ちょっと素朴なところもあるので、聴いた感じはどちらかというとチャーリー・パットンのほうにより近い感じです。

 サン・ハウスやチャーリー・パットンがあまりにも偉大なためにその影に隠れがちですが、私は大好きです。

 
スポンサーサイト
00:33 | blues | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
今日の一曲「come」PRINCE/アルバム「COME」より | top | 今日の一曲「monk's mood」THELONIOUS MONK/アルバム「THELONIOUS HIMSELF」より

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/47-f9b0a166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。