FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の一曲「carolina shout」JAMES P. JOHNSON/アルバム「FATHER OF THE STRIDE PIANO」より

 モンク、ウォーラーと溯ってきたので、この二人にも大きな影響を与えたジェイムズ・P・ジョンソン1921年録音のピアノ・ソロいってみましょう。

 ビ・バップ以降ピアノとホーンのフレーズにあまり違いが無くなってきたように感じますが、こういう演奏を聴くと戦前はピアニストとホーン奏者のコンセプトは随分違うものだったんだなと思います。

 一時期は戦前のジャズをよく聴いていたのですが、最近は聴いてなかったので久しぶりに聴いて新鮮でした。もうしばらく続けて聴いてみようかなと思っています。なによりひたすらスイングしていて気持ちいいです。モダン・ジャズを聴く時は強烈な個性や高い緊張感を求めてしまうのですが、なぜかこの時代のジャズを聴いている時はそんなのせせこましいことだ、と思ってしまいます。不思議。
スポンサーサイト
01:31 | jazz | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
今日の一曲「stardust」ART TATUM/アルバム「CLASSIC EARLY SOLOS(1934-1937)」より | top | 今日の一曲「smashing thirds」FATS WALLER

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/59-2eb4bfb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。