FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の一曲「kandjoura」TOUMANI DIABATE/アルバム「DJELIKA」より

 昨日の文章で、アフリカのコラという竪琴について少し触れたので、今日はマリのコラ奏者トゥマニ・ジャバテのアルバムから一曲紹介したいと思います。

 このアルバムはコラ・バラフォン(アフリカの木琴ですね)・ンゴニ(ネットで調べても、アフリカの三味線という意味不明な説明しかなかったのですが、写真で見るとウクレレ位の大きさの弦楽器で、音を聴くとなぜかベースのような低音を出しているのがそうだと思われます)という編成が基本になっており、曲によってウッド・ベース、カマレ・ンゴニ(これもよく分かりませんが、ネットで調べると六弦ハープとなっており、音を聴くと低いコラのような音を出しているのがそうだと思われます)が参加しています。

 このアルバムには伝統的な曲だけでなく、オリジナルも入っているようですが、輸入盤なので詳しいことはよく分かりません。この曲は基本の三人だけで演奏しており、コラとバラフォンが交互にアドリブを取り、主役のコラも勿論ですが、バラフォンも名人芸らしい演奏を聴かせてくれます。

 このアルバムは何年も前に入手したまま、ほとんど聴かずにほったらかしていて、今回初めてある程度集中して聴いてみたら「あー、何だか分からないけどなんか良いかも」と感じられました。この手の音楽に関してはほとんど無知に近い状態なので、正直良い悪いを判断する力を持っていませんが、派手さはないもののジワジワ利いてくる感じがあります。なにより素朴ながらも温かい音色が良いですね。

 

 
スポンサーサイト
00:15 | africa | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑
今日の一曲「Earth Angel」THE PENGINS | top | 今日の一曲「カンツメ節」里 国隆/アルバム「奄美の哭きうた」より

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。