FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の一曲「green river blues」CHARLEY PATTON

 今日もまた「CONGOTRONICS 2」を聴いてトリップしているわけですが、ちょっと戦前ブルースなんかを聴いてみたりしました。

 別にこの曲がチャーリー・パットンの曲の中で一番好きだというわけではないのですが、CDをランダム再生してたまたま一曲目に出てきたのでリピートして聴きながらこの文章を書いています。

 ブルースと名前が付きながらブルース臭さがほとんど感じられない曲で、なんかどこかで聴いたことのあるような素朴なメロディです。ブルースと言うよりは民謡・バラッドとか言った方が近いように感じますし、白人が歌っていても全然違和感がないような気がします。というか、もともと白人が歌っていたメロディじゃないでしょうか。

 いかにもブルースというような形式のものよりも、こういう黒白両方の要素が混ざり合っているものの方が実は好きだったりします。私がデルタ・ブルースを好きなのは、弦を叩きつけたりダミ声で歌うあの迫力もさることながら、黒人的な要素だけでなく、白人的なものもまだ残っているところに魅力を感じているのかもしれません。
 デルタ・ブルースというとロバート・ジョンソンを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、あの人はかなりシティ・ブルースの影響が強いので、曲によっては時々洗練されすぎていると感じられることもあります(特にブギ調のものなど)。もちろんとんでもない天才であることは間違いなく、なかでもリズム感の凄さはちょっと信じられないほどです。しかしどのジャンルでも天才と呼ばれている人にはリズム感が飛び抜けてスゴイ人が多いですね。例えばジャズならルイ・アームストロングやチャーリー・パーカーなどが代表でしょうか。ああ、また話が脱線してしまいました。
スポンサーサイト
23:33 | blues | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
今日の一曲 「How Far Am I From Canaan」BLIND BOYS OF MISSISSIPPI | top | 今日の一曲「Le laboureur」MASANKA SANKAYI feat.KABONGO TSHISENSA/アルバム「CONGOTRONICS 2」より

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/72-9f05abf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。