FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の一曲「the champ」DIZZY GILLESPIE/アルバム「THE CHAMP」より

 ディジー・ガレスピーが1951、52年に自身のレーベル「Dee-Gee(ディー・ジー)」に吹き込んだアルバム(後にSAVOYレーベルに権利を売却)のタイトル曲です。

 この曲に参加しているメンバー中、有名なところではJ.J.ジョンソン、アート・ブレイキー、パーシー・ヒースの名前が見られます。また、この曲にクレジットはありませんがミルト・ジャクソンも参加しているようです。ちなみに他の曲では若き日のコルトレーンやウィントン・ケリー、ケニー・バレルも参加しています。

 このアルバムには、ガレスピーのオリジナルの他にスタンダードや「キャラバン」、ラテン・ジャズ(キューバップでしたか)など色々なタイプの曲が収録されています(モロにバップという感じの曲はほとんど無く、ヴォーカル入りのものもあります)が、この「チャンプ」という曲はジャズというよりかなりジャンプに近い演奏です。

 と書くとジャズ・ファンからは見向きもされないでしょうが、ガレスピーは戦前はラッキー・ミリンダー楽団というジャンプ・バンドなどに在籍していたこともあるのでなんら不思議はありません。そもそも戦前まではジャズも大衆音楽だったわけで、その時代にデビューしたガレスピーにとってはこういう演奏もごく自然なことだと思います。

 私としては40年代半ばの有名なミュージクラフト盤も良いのですが、戦前のテディ・ヒル楽団やラッキー・ミリンダー楽団でのガレスピーの方が好きだったので、この「チャンプ」は一発で大好きになりました。
 ガレスピーのプレイ自体はそんなにジャンプしているわけでもないのですが、バド・ジョンソン(妹のエラ・ジョンソンの歌をフューチャーして人気のあったバンド・リーダー、サックス奏者でジャンプ系ではとても有名な人)のホンク・テナーとブレイキーの迫力あるドラムが素晴らしいです。ブレイキーがAPOLLOやSAVOYなどのレーベルでの数々のジャンプ・ミュージックのセッションに参加していればなあ、とつい思ってしまいました。ソロのバックで鳴っている管楽器のリフも、いかにもジャンプという感じで気持ち良いです。

 ガレスピーといえば勿論パーカーらと共にビ・バップを完成させた人として有名な人ですが、逆に言うと一般的にはその面でしか評価されておらず、この手の演奏はほとんど黙殺されているような気がしてとても残念です。ジャズ・ファンというよりはジャンプ・ファン、ブラック・ミュージック・ファンにオススメしたい曲ですね。
スポンサーサイト
00:44 | jazz | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
お詫びと訂正です | top | 今日の一曲「Nine」DEWEY REDMAN, CECIL TAYLOR, ELVIN JONES/アルバム「MOMENTUM SPACE」より

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/80-566e65b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。