FC2ブログ
  link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

「FLYING HOME」聴き比べ その2

 前回に続き「フライング・ホーム」の聴き比べをしたいと思いますが、今回はベニー・グッドマン・セクステットによる1939年録音のものと、ライオネル・ハンプトン・テンテットによる1940年録音のものです。

 メンバーは前者がグッドマン・オーケストラからのピック・アップ・メンバーによるもので、後者はハンプトンが当時のボスであるグッドマンからメンバーを借り、それに黒人テナー奏者のバド・ジョンソンを加えて(他にもグッドマン・オーケストラ以外の人が入っているかもしれません)吹き込んだものです。つまりどちらの演奏にもハンプトンが参加しており、ベースとドラムも同じ人です。
 あと前者の他のメンバーですが、これ実はスゴイ面子で、ピアノがフレッチャー・ヘンダーソン(あまり聴き取れませんが)にエレクトリック・ギターがチャーリー・クリスチャンです。

 さて肝心の演奏はというと、二曲共に共通するのは白人スイング・ジャズ的な歯切れの良い明るいサウンドです。前回のハンプトン・オーケストラによる、これぞブラック・ミュージック!というような黒さを期待すると肩すかしを食うこと間違いありませんが、これはこれで良い演奏だと思います。どちらもそれぞれのソロの内容は良いし(当時の一流プレイヤーですからね)、なんといっても前者ではチャーリー・クリスチャンのソロが聴けます(内容はこの曲より他に良いものが沢山ありますが)。

 ところで後者でテナー・ソロを吹いているのはバド・ジョンソンだと思います(二人テナーがいるので断言できませんがまず間違いない)が、これと前回のイリノイ・ジャケーのソロを比べると、リズム感が明らかに違うのが分かります。前回も少し触れましたが、ジャケーの方は後ノリなのです。これは音色はコールマン・ホーキンス的でありながらフレージングやノリはレスター・ヤングの影響が大きいのではないでしょうか。まあ、ジャケーの方が二年も後の録音なので当然かもしれませんが。

 ということでこの曲の聴き比べも二回目となりましたが、私が持っているものではあと一つ残っているのでそれを次回紹介して終わりにしたいと思います(これが強烈なんですよ)。
 
 
スポンサーサイト
00:01 | jazz | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
「FLYING HOME」聴き比べ その3 | top | 「FLYING HOME」聴き比べ 

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ulmer.blog67.fc2.com/tb.php/91-1e2a447e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。